アーカイブ

Posts Tagged ‘stationary’

42. お気に入り文具

I like pencils, degree 4B

ノートのお気に入りは、marumanのMnemosyne。持っている筆記用具のどれでも書きやすく、そして滲まない。デジタル機器との連携を考えてSHOT NOTEも試したけれど、ニーモシネに比べたら残念な書き味で、今は計算用紙になっている。

そして、不思議なことに鉛筆に目覚めた:-)

それも硬度が柔らかめのもの。様々な硬度のものを購入して試してみたところ、4Bが使い易かった。メーカによっても違うのだろうけれども、学生時代から鉛筆はSTAEDTLER(2H,H等の硬めなもの)を使っていたので、他のメーカの物はは良くわからない。書き味そこそこ、練けしで良く消える。僕の場合、これ以上柔らかくなると、今度は綺麗に消しにくくなる。

そんなわけで、4Bの鉛筆だけがどんどん短くなっていく。

広告
タグ: ,

36. メモパッド

LIFE NOBLE MEMO (左)とマルゼンメモ M サイズ(右)

LIFE NOBLE MEMO (左)とマルゼンメモ M サイズ(右) 表紙に癖がついているので鉛筆でおさえてる

RODIA NO.12 は、人からいただいたりしてよく使っていたのだけれども、罫線の色の濃さや(僕にとっては紫色が濃すぎた)、後半になるにつれてページの切り取りがスムーズにいかなくなることが気になっていた。今回、ストックが切れたので、替わりになりそうなメモ帳を二つ購入してきた。

ひとつは、マルゼンメモ M サイズ。高さ 120mm × 幅 84mmなので、 No.12 とくらべて、幅が 1mm だけ狭い。万年筆で試し書きをしてみたところ、変なひっかかりもなく、にじみや裏うつりが全くなかった。もう一つは、LIFE の NOBLE MEMO SECTION だ。こちらは B7 サイズなので No.12 よりは、ひとまわり大きいサイズになる。書き味もよく、にじみ、裏うつりもしない。また、紙の色がクリーム色なので、ブルーやブルーブラックのインクで書くとコントラストがはっきりして見やすい。

二つとも、ページの切り取りはスムーズ。特に、 LIFE のメモ帳は、ミシン目が入っておらず背が糊で固められているだけで、ミシン目の場合より軽い力でペリッっと切り離せる。 RODIA でも最初のうちはスムーズに切り取れたので、しばらく使って観察してみることにする。

タグ:

9. 手書きメモをスキャン

先月で一段落したプロジェクトに関連する手書きメモをスキャンした。

過去の手書きメモというのは役に立つことが多い。将来、再びそのプロジェクトの追加開発が発生するような場合、手書きメモを読み返すと、そのときの生々しい雰囲気やハマった箇所を思い出しやすい。

ただ、紙は保存に困るし、いざというときに資料の山をひっくりかえすことになる。スキャンして画像なりPDFにして、ファイルをプロジェクトのフォルダに入れておけば場所もとらない。ここ数年はプロジェクトが一段落したときに、手書きしたメモ類は整理せずに順番もさほど気にせずスキャンして保存している。

タグ:

8. Kindle がやってきた

Kindleは、あまり事前調査せずに勢いで購入した。最初に使ったときの印象は、以下のとおり。

  1. 読みやすい。ちょっとグレーな紙に印刷されたものを見ているような感じ。
  2. ページめくり等の反応速度。許容範囲だけど、人によってはモッサリと感じるかもしれない。auのKCP+携帯になれている人だったら大丈夫 。
  3. Kindle形式の場合、カーソルのところにある単語を英英辞書でひける。英英辞書をひくのは2段階あって、カーソルを単語に移動すると、ディスプレイ下部に自動的に2行で意味が簡易表示される。そこでリターンキーを押すと、さらに詳細が表示される。
  4. 日本語のPDFが読めてうれしい(macとwindows+bullzip,tex+dvipdfmxで確認)
  5. Kindle DXが欲しい!

この中でも(1)は、期待以上というか衝撃だった。これは、実機を見てもらえないと伝えられない気がする。 気になる点は、それなりにある。特に、PDFを読む場合

  • 表示しているフォントサイズが変えられない。なので、A4サイズで作成されているPDFは、ポートレートモードで読もうとすると場合によっては、表示フォントが小さくなり読みにくい。ランドスケープモードにして、なんとか読めるようになる感じだ。
  • PDF側でしおりを作成していても、Kindleではそれを利用できない。現状、日本語検索ができないので、日本語の長文で目的の場所を探すためには、努力と根性が必要。

自分でPDFを作成できるような場合は、A6やA5サイズで作り直せば良いけれども、PDFでしかもっていないものに関しては、ランドスケープモードで読むしか無い。これがとても残念。 もともと、所有している技術書を裁断して、スキャナーで取り込みPDF化して、必要に応じてKindleで読もうかと思っていた。ただ、残念なことに、1番目の問題がネックで、この計画は保留中。(5)でDXが欲しい!と書いたのは、このため^^;

タグ:

7. BlackBerry Boldを半年使ってみて

 
docomoのBlackBerry Boldを今年(2009年)の5月末頃から使い始めたので、半年ぐらい経ったことになる。デバイスは、palmのtreo 750vと同じくらいに手に馴染み易い。ただ、Boldは若干僕の手には大きい感じだ(palmのtreoなんて使ったことが無い人が多いと思うので、あまり意味のない比較だ) Boldは、大きさといくつかの明らかな欠点があっても、最高のお気に入りだ。カメラはしょぼいし、無線LANが使えない環境では、ネットのブラウジングは少し遅く感じるかもしれない。しかし、概ねサクサク動くし、日中、外での視認性も抜群すぎるくらいに抜群だ。これを買うきっかけになったShuさんには大感謝。

インストールしているアプリケーションで、使用頻度が高い物は、

アプリケーションについては、すでに沢山の情報がWeb上にあるので割愛。

テーマは、Reverie (WITHOUT weatherの方)を使っている。このテーマは、とてもシンプルで、ホーム画面には日時とバッテリー・電波状況だけを表示する。トラックボールを動かすと、左下の□アイコンか右下のスピーカアイコンを選択することができて、トラックボールを押し込むと、それぞれQuickLaunchとProfileを起動する。よく使うアプリケーションは、QuickLaunchに登録しておけば良いので、トラックボール押し込み→(登録してあれば)ショートカットキー or メニューアイテムの頭文字 or トラックボールで選択、という少ないキー操作で目的のアプリケーションを起動することができて、とても便利だ。

これ以外のカスタマイズは、Agendusの起動をデバイス右側にあるカメラキーに割り当てている。

使い方で工夫しているというのはそんなに無いけれども、アドレス帳で検索を容易にするために、Companyのフィールドの会社名の前に半角英字で略号を入れている。例えば、作業中のプロジェクトの関係者の会社が○×商事だったら、Companyのフィールドには、「PRJ,○×商事」といれている。友人の場合は、「Friend,○×電器」みたいな感じだ。こうすると、アドレス帳を開いて”PRJ”と入力すれば、プロジェクトの関係者に絞り込まれ、目的のアドレスを探しやすくなる。もちろん名前を入力して検索してもよいのだけれども、入力→変換している暇があったら、(英語入力モードで)1〜3回キーを押して絞り込む方が簡単だ。

久々にエントリーを書いたら肩が凝ってしまった^^; では、また次回。

タグ:

2. 無印良品のノート

2008/12/13 1件のコメント


ロルバーンの補充をしようと出たついでに無印良品の店に行ってみた。そこで、似たような(似てないかも)リングノートを見つけた。手にとっていじっているうちに、ちかくにおいてあるボールペンがリングのところにスッと納まることに気がつき、二つとも購入してみた。考えて作っているのだろうけれども、なんのひっかかりもなくボールペンが納まるので意味もなく抜き差ししてしまった(笑)。

書き味は、インクが出過ぎることもなく良い具合だ。ただ、油性のものを選んだので、サラサラというわけにはいかない。ノートには表紙の手前に半透明なカバーポケットがついているので、お気に入りの絵か写真でもはさんでおけば、味気なさもカバーできそう。

結局ロルバーンは買わなかったので、しばらくはこれを使ってみることにする。

タグ: